【高校受験情報】2018年度千葉県公立高校募集定員変更点について

学習塾本塾ミズシマです。高校受験において倍率や難易度(偏差値)って気になりますよね。自分の志望校に定員の変更がある場合は注意が必要ですのでご確認くださいね。

2018年度千葉県公立高校募集定員について

千葉県教育委員会は8月23日、2018年度(平成30年度)千葉県公立高校の募集定員を発表しました。

2018年3月に千葉県内の中学校卒業予定者は、約5万4,890人(前年度比300人減)となる見込みで進学予定者数は5万4,231人になると予想されます。全日制の募集定員は県立が3万1,360人(前年度比280人減)、市立2,280人(前年度と変わらず)で合計3万3,640人となります。中学校卒業の98.8%が高校進学を希望するので、中学校卒業生が減った分、公立高校の募集定員を随時減らしているのです。

 

2018年度千葉県公立高校募集定員減少校

全体的に志願者は減ったとしても、全体的に定員が減るわけではなく、定員が減る学校と前年と変わらない学校、増える学校もあるわけです。とすると自分の志望校の定員が減ると倍率が上がってしまいますよね。ですから募集定員が減少する学校は注意しておきましょう。

学級数を減らす学校は柏井高校(普通)と八千代東高校(普通)、柏の葉高校(普通)、野田中央高校(普通)、成田北高校(普通)、佐倉西高校(普通)、八街高校(総合)、東金高校(普通)、大網高校(農業)、君津高校(普通)の計10校です。各高校の削減数は1学級(40人)で変わりません。

幕張本郷(第1学区)に関係ある公立高校募集定員減少校は?

その中で学習塾本塾のある幕張本郷は第1学区ですから第1、2、3、4学区の高校を受験できます。
とすると関係があるのが

第1学区 柏井高校(普通)偏差値41

第2学区 八千代東高校(普通) 偏差値43

第3学区 柏の葉高校(普通)偏差値52   野田中央高校(普通) 偏差値42

第4学区 成田北高校(普通)偏差値47   佐倉西高校(普通)偏差値38

となります。(偏差値はV模擬偏差値参照)

その中でも柏井高校(普通)、八千代東高校(普通)の減少が気になる所ですが、柏井高校(普通)は京成八千代台駅から徒歩25分、八千代東高校(普通)は京成勝田台駅からバス10分+徒歩3分ですので、偏差値とアクセスだけを考えるならば実籾高校(普通)が偏差値43、京成実籾駅から徒歩12分、幕張本郷駅からはバス10分+徒歩3分ですので、そちらに志望校を変更することも考えられますね。

2018年度千葉県公立高校募集定員増加校

一方で募集定員が増加する高校があります。学級数を増やす学校は船橋芝山高校(普通)、印旛明誠高校(普通)、市川工業高校(電気)の3校です。各高校の増加数は1学級(40人)で変わりません。

幕張本郷(第1学区)に関係ある公立高校募集定員増加校は?

その中で、学習塾本塾のある幕張本郷と関係のあるのは

第2学区 船橋芝山高校(普通) 偏差値50  市川工業高校(電気) 偏差値37

となります。(偏差値はV模擬偏差値参照)

特に船橋芝山高校(普通)は偏差値、アクセスを見て、似ているのが第1学区の千葉女子高校、磯辺高校、千葉北高校、第2学区市立習志野高校、市川東高校がありますので、この変更は参考になると思います。

いかがでしょうか?

志望校合格に向けては本塾にお任せください。
学習塾本塾の成績UP体験談はコチラ

 

自考学習塾 本塾 (JR、京成幕張本郷駅南口徒歩3分 )

お問い合わせ
TEL:0120-261-123
自考学習塾 本塾のホームページ:http://honjyuku.com/
Facebook公式ページ:https://www.facebook.com/honjyuku.makuhari/
Twitterページ:https://twitter.com/honjyuku2016
Instagram:https://www.instagram.com/honjyuku/