千葉県立高校の前期選抜と後期選抜って?(令和2年度版)

本塾のある幕張本郷地区を含めて千葉県在住の方は公立高校を受験しようとすると前期選抜か後期選抜を受けることになります。前期選抜は従来の特色ある入学者選抜 (特色化選抜) の流れを受けています。後期選抜は従来の一般入試の特徴を踏襲し、全高校で同じ選抜方法を取り入れているものです。

前期選抜と後期選抜があるのは今年度で最後です。来年度は2回入試が1回入試に変更になります。現在、中2以下の子どもをお持ちの方は注意してくださいね。

令和2年度では前期選抜は2月12日、13日の2日間で行われ、後期選抜は3月2日の1日で行われます。前期・後期選抜とも5教科の学力検査が実施されます。

千葉県立高校入試のスケジュール

【前期選抜】

入学願書等提出期間:令和2年2月3日、2月4日
学力検査:令和2年2月12日,13日
合格発表:令和2年2月19日
入学確約書提出期間:令和2年2月19日~平成29年2月20日

【後期選抜】

入学願書等提出期間:令和2年2月25日
志願又は希望の変更受付期間:令和2年2月26日、2月27日
学力検査:令和2年3月2日
入学許可候補者の発表:令和2年3月6日

【第2次募集及び通信制の課程の三期入学者選抜】

入学願書等提出期間:令和2年3月10日
志願又は希望の変更受付期間:令和2年3月11日
学力検査:令和2年3月13日
入学許可候補者の発表:令和2年3月17日

千葉県立高校受験の前期選抜とは??

<選抜枠>

普通科:募集定員の30%~60%

専門学科・総合学科:募集定員の50%~100%(平成28年度より拡大)

参考:専門学科・総合学科:募集定員の50%~80%(平成27年度)

<検査内容>

第1日目:5教科の学力検査を実施
(1教科50分、県作成共通問題)

■第2日目:各高校ごとの検査を実施
面接、集団討論、自己表現、作文、適性検査、学校独自問題、その他の検査から1つ以上の検査を実施

<選抜方法>

第1日目の5教科の学力検査の結果

各高等学校において実施した検査の結果

調査書等

これらを基に各高等学校が総合的に判定する。

※具体的な選抜方法は各高校のHPを参考にしてください。

千葉県立高校受験の後期選抜とは??

<選抜枠>

普通科:募集定員の約40%
専門学科・総合学科:大半がなくなり前期選抜に一本化(平成28年度より)

<検査内容>

5教科学力検査(各教科それぞれ40分)

各学校に決められた検査内容(面接など)

を1日で行う

<選抜方法>

5教科の学力検査の結果

各学校に決められた検査内容(面接など)

調査書等

これらを基に各高等学校が総合的に判定するのですが、合否判定は2段階で行われます。

第1段階

学力検査点と内申点の両方が、それぞれ得点の高いほうから募集人員(もしくは受検者数)の80%以内に入っていれば、まず合格です。

第2段階

入試得点と内申点を下記計算式にあてはめた総合得点で、高い順に合格者を出す。 内申点の満点は135点。

<第2段階選抜計算式>

学力検査の5教科の得点合計+内申点×K(各高校の定めた1以上の数値)

千葉県立高校受験前期選抜と後期選抜の違い

◆試験日が前期選抜は2日、後期選抜を1日
◆募集人員が前期選抜の割合が高い。
※平成28年度より、専門学科、総合学科の前期選抜の選抜枠が拡大されるため、割合はさらに高くなります。
◆前期選抜においては「各高校の独自の検査」が行われる。
◆前期選抜は、各学校独自の選抜基準・方法により合否を決定する。
◆後期選抜は、全ての学校で同じ基準・方法で選抜する。

千葉県立高校受験後期選抜の注意点

◆後期選抜の実施の時期には私立高校の合格発表もすべて終わっています。
従って、クラスの多くの生徒は進学先が決まっているので精神的に負担がかかることあります。

◆専門学科・総合学科は大半が募集がなくなり前期に一本化される予定です。

自考学習塾 本塾 (JR、京成幕張本郷駅南口徒歩3分 )

お問い合わせは
TEL:0120-261-123

自考学習塾 本塾のホームページ:http://honjyuku.com/
Facebook公式ページ:https://www.facebook.com/honjyuku.makuhari/
Twitterページ:https://twitter.com/honjyuku2016
Instagram:https://www.instagram.com/honjyuku/