【合格体験記】12月E判定から千葉女子高校に逆転合格!

学習塾本塾ミズシマです。

学習塾本塾には、大学受験生、高校受験生、中学受験生まで幅広い受験対策に対応しております。
本塾には、それぞれの受験に悩み、相談に訪れる方が多くいらっしゃいます。

相談を受けていると、頑張ってもどうしても成績が上がらない、成績が上がらないと先生や親から努力が足りないと言われてしまうし、自分も責めて辛くなってしまう。そんな子供たちが多くいることがわかります。

悲しいことですが、努力をしても、頑張っていても、努力していることが目標に向いていなければ、成績は上がらないですし、志望校にも合格できません。周りの言葉がプレッシャーとなり、自信をなくしたり、潰れてしまう子供も多くいます。

目標に向けて、どう努力すればいいかがわかると、子どもは変わることができるんだと証明してくれた生徒をご紹介したいと思います。

今回の合格体験記は、中3の11月に本塾に入塾した生徒の逆転ストーリーとなります。

12月E判定から千葉女子高校に逆転合格!

合格者情報
名前 Y・F(本人の希望によりイニシャル表記になります)

中学校名 幕張西中学校

合格した高校 県立千葉女子高等学校

入塾月 中学3年生の11月

今のままで、千葉女子高校を目指すのは無謀ですか?

Yさんが本塾に相談に来たのは、中学3年生の10月末、志望校に向けて本格的に対策を始める時期でした。
Yさんが行きたいのは千葉女子高校。内申点は、志望校は厳しいと判定されている状態。偏差値をみてもかなり足りない。
さらに成績は下がってきている。本人は志望校を変えるつもりはないけれども、保護者様はどう判断していいかわからない。
本塾以外の塾に色々相談したが、どこも「今更塾に来たいと言われても無理です。」と断られてしまった。
こんな状態では、千葉女子高校を目指すのは無謀じゃないか?と相談にいらっしゃいました。

判断材料と根拠はありますか?

「今通われている塾はどうアドバイスされていますか?」
「頑張れば受かるから頑張ってと言われています」
「各教科何を頑張ればいいのか?どうして受かるのか根拠はありますか?」
「特に何も言われていません、面談の内容も先生に伝わっていないようですし・・・」
「わかりました。今、無責任に頑張れば合格すると言いたくないので、成績をお預かりし、体験授業で学習傾向と実力を確認させていただいた中で、判断させていただきますね。」

「頑張ればできる」子ではない

体験授業をして思ったことは、自分の実力を点数にすることが苦手な子であるという印象でした。最近の子どもに多いですが、練習でできていても、テストになるとできなくなってしまう。そういう子供に多いのが、「応用力がない」タイプと「勘違いの多い」タイプ、「イップスになっている」タイプなどがあります。

本人の意思ははっきりしている、勉強しているというのも嘘ではない。応用力も低いわけではない。普通の子よりも勉強しているのなら、「頑張ればできる」と言って受かる子ではないと思いました。ただ、やみくもにやらされているので、自分の弱点がどこか?それぞれどの弱点を克服したいのかわかっていないことが、大きな原因になっていると判断しました。

本番までに点数を取れる可能性がある所をシュミレーションしましょう

県立入試は毎年、ほとんど配点が決まっています。英語の自由英作は8点、国語の作文は12点、数学の計算問題、作図は5点、証明問題の選択肢は2点などです。模試の内容の中で、現在、点数が取れている問題、本番までに取れる可能性がある問題、おそらく、本番に解ける可能性が薄い問題に分けました。

一方で、内申点と目標偏差値と現在の偏差値から5教科の目標点を割り出し、各教科、何点取れる可能性があるかをシュミレーションします。当然、可能性に関しては、子どもの暗記力、理解力、不得意分野を考慮して可能性を探ります。

「合格する可能性はある」

元々現代文は得意だから、国文法と古典を克服すればこれだけ上がる。
数学は関数、証明問題が克服できるかがポイントになるな・・・・
英語は、英文法の苦手が大きい、作文は対策すればいけるな。
理科は、化学、物理範囲は指導内容に含め、生物、地学はできるだけ自学中心で進めれば間に合う。
社会は断片的な知識になっているから、通年テキストの中で薄めの良いテキストがあるから、それでやらせれば、本番までに間に合うかも。

「具体的に説明しますが、当然、これから話すのは理論値ですので、行けるかどうかはわかりません、でも合格する可能性はあります。」

さらに、私立対策まで

県立入試に向けて、タイムリミットは限られています。女子校に行きたいYさんは、併願推薦では希望の学校の推薦が取れず、一般入試に挑みました。
県立入試のカリキュラムをこなしながら、なんと一般入試の対策もこなし、なんと、私立の第一志望の和洋国府台高校に受かってしまったのです。入塾してからのYさんの頑張りには目を見張るものがありました。

冬期講習で見えてきた

話は前後しますが、本塾の中3冬期特別講座では、集団講義に加えて、予想問題を解き、採点のあと、塾長が分析して、アドバイスをするカリキュラムがついています。まだまだ点数は足りませんし、ミスも出てしまっていますが、入塾時よりも確実に成長が見られる点数になってきました。

届かなかった前期試験

E判定からチャレンジした前期試験、成績はかなり上がったものの、残念ながら念願の千葉女子高校には届きませんでした。

「目が死んでないから受けさせましょう」

前期試験に届かず、後期試験をどうするか面談を行いました。
本人は、絶対千葉女子を後期も受けたい。
お母さまは、安全にランクを落とした学校の方が現実的ではないか?と不安と迷いでいっぱい。
お父様は、本人の意向を尊重してあげたい。
家族会議で決まらず、アドバイスを求められました。

お母さまには、「最終的にはご家庭で決断するしかないのでお任せします。ただ、今まで生徒を見てきて、プライドなどで、引っ込みがつかないだけで、後期も第一志望を目指す子は、後期に振るわない子供が多いです、しかし、Yさんの目は死んでないので、チャンスにかけてみる価値は十分にありますよ。」とお伝えしました。

最後まで自習室に居続ける2人

前期試験から後期試験までの間、開校時間ずっと自習室に居続ける2人の受験生の姿がありました。この2人が前期の第一志望を後期でリベンジした2人になることは、後からわかるお話です。

合格発表

後期合格発表当日、Yさんは、ご家族で本塾にやってきました。本塾全体に歓声が上がり、Yさんの笑顔と、ご家族の安心した表情が印象的でした。
この瞬間を味わえることに、いつも感謝をしています。

最後に

合格の道筋を引くことはできます。しかし、入塾前、成績が下がり続けても勉強をやめなかったこと、本塾を信じて、カリキュラムを精一杯進めてくれたこと、前期試験に届かなくても、最後まで自分を信じた心。それを支えたご家族。何が欠けてもE判定からの合格はなかったでしょう。
本塾のこれからの生徒に希望を与えてくれてありがとうございました。

長文失礼いたしました。

誰でも、どんな子供でも合格させられる塾ではありませんが、子どもの可能性を見出し、合格への道筋を一緒に目指していきます!

逆転合格させられる塾として、本塾をどうぞよろしくお願いいたします。

自考学習塾 本塾 (JR、京成幕張本郷駅南口徒歩3分 )

お問い合わせ
TEL:0120-261-123
自考学習塾 本塾のホームページ:http://honjyuku.com/
Facebook公式ページ:https://www.facebook.com/honjyuku.makuhari/
Twitterページ:https://twitter.com/honjyuku2016
Instagram:https://www.instagram.com/honjyuku0620/