【入試情報】千葉県立入試国語の問題傾向と対策【2017年度版】<前期>

幕張本郷にある学習塾本塾塾長ミズシマです。本日は千葉県立入試英語<前期>、数学<前期>、理科<前期>、社会<前期>に続きまして、千葉県立入試国語<前期>の問題傾向と対策について触れたいと思います。中3生は入試対策講座で聞いたと思いますが、中学2年生、中学1年生は今のうちからどんな問題傾向でどう立ち向かっていくのか今のうちに考えてみてくださいね。

【入試情報】千葉県立入試英語の問題傾向と対策【2017年度版】<前期>はこちら

【入試情報】千葉県立入試数学の問題傾向と対策【2017年度版】<前期>はこちら

【入試情報】千葉県立入試理科の問題傾向と対策【2017年度版】<前期>はこちら

【入試情報】千葉県立入試社会の問題傾向と対策【2017年度版】<前期>はこちら

 

千葉県立入試国語の問題傾向と対策【29年度版】

千葉県立入試の国語については昨年度(28年)から最近5年間を見てみると、前期日程は大問8問、後期日程も大問7問と変わりません。出題形式についてもほとんど変わりません。ですから過去問題や対策の模試、予想問題などをやっていただければ、形式はどれも同じように作られていますから問題形式に慣れることは必ずできます。

 

千葉県立入試国語の問題形式(前期)

1⃣ 聞き取り問題

2⃣ 漢字(読み)

3⃣ 漢字(書き)

4⃣ 下書きや記事、会話文などから出題

5⃣ 論説文から出題(年度によっては論説文と物語文の順序が逆になります)

6⃣ 物語文から出題(年度によっては論説文と物語文の順序が逆になります)

7⃣ 古文から出題

8⃣ 自由作文問題

 

千葉県立入試国語に向けて何を勉強していけばいいの?

国語は成績を上げるのが難しい教科だと言われます。それは国語の成績を上げるには地味な努力に加えて、国語の成績が上がる要素をしっかり理解していないといけないからです。「国語が苦手」と一まとめに言っても、漢字、語句、国文法、読解、古文、漢文など様々なジャンルがあり、それを漠然と成績が上がらないと言っているから難しいのだと思います。

 

千葉県立入試国語の対策について

さきほど述べたように地味な努力が必要な教科ですので、自分の苦手な分野を一つずつクリアしていく必要があるでしょう。自分(または子ども)がどの分野ができていないせいで国語の点数を落としているのかを分析して、それに対して対策を立てることをお勧めします。

ここをしっかりと対策を立てられるかが塾の実力が分かれるところだと思われます。
その中でも本塾お勧めの対策は・・・・

国文法を攻略する

文章を読解する上で国文法は非常に助けになります。普段何となく読んでいる文章を分析することができるようになります。加えて古典文法、英文法をやるにあたっても仕組みが似ていますから国文法、古典文法、英文法はセットでしっかり理解していかなければいけません。

とはいっても上記のことを力説して国文法に取り組んでくれる人は少ない現状です。やっていない人は非常に多いです。しかし、重要なことをみなさんは忘れています。

千葉県立入試で国文法の分野から出なかった年がない!!

のです。頻出は

⑴ 敬語の問題

⑵ 品詞の判別

⑶ 秘密(本塾の生徒にだけお教えします)

です。ここをしっかりとやっていれば必ずライバルに差ができるでしょう。

 

漢文の融合問題に注意

漢文は現代文との融合問題となる年と古文との融合問題になる年がありますが、毎年必ずと言っていいほど出題されています。難易度は高くないですし、学習範囲もそれほどでもないですが、やっていないと足元を掬われますので必ずやっておきましょう。

 

自由作文問題対策をしよう

自由作文の問題は書き慣れていないと本番うまく書けるかわかりません。美しい文章を書く必要はないですが、相手に伝わるように書くことができないと減点されてしまうでしょう。そして一番は「条件に従って書く」ということです。条件を守らずにここの問題を落としてしまうのが一番のリスクですので、そのためにも条件をしっかり確認して臨みましょう!

そして一番は先生に採点してもらうことです。自分で採点しても合っているかわかりませんし、模範解答を参考にしてもあまり意味がないので注意してくださいね。

条件のパターンを書いておきますね。

条件1 二段落構成とし、十行以内で書くこと(最低の行数は書いていないこともありますが、8割以上は書くことをお勧めします)

条件2 一段落目は資料から読み取れることを根拠として書く

条件3 二段落目は一段落目の内容を踏まえてあなたの考えを書くこと

注意事項もほとんど同じなので事前に確認しておくといいですよ

<注意事項>

① 氏名や題名は書かないこと
② 原稿用紙の適切な使い方にしたがって書くこと。ただし{}や=などの記号を用いた訂正はしないこと

いかがでしょうか?
千葉県立入試のイメージはできてきましたか?

 

最後にちょっとだけ宣伝です。

幕張本郷駅から徒歩3分程度にある本塾には、たくさんテキストがあります。

大学入試対策のテキストもたくさんありますし、予備校講師だった塾長をはじめ、大学受験をを熟知する教務や講師が在籍しています。皆さんの学習状況に合わせたコースやテキストを提案いたしますので、成績が上がる事間違い無し!

雰囲気もオシャレでとても良い塾なのでぜひ1度学習相談にお越しください!

開校当時の写真なのでまだテキストは少ないですが(;^_^A
今はたくさんあるんですよ!

自考学習塾 本塾 (JR、京成幕張本郷駅南口徒歩3分 )
お問い合わせは
TEL:0120-261-123
自考学習塾 本塾のホームページ:http://honjyuku.com/
Facebook公式ページ:https://www.facebook.com/honjyuku.makuhari/
Twitterページ:https://twitter.com/honjyuku2016
Instagram:https://www.instagram.com/honjyuku/