【入試情報】千葉県立入試英語の問題傾向と対策【2017年度版】<前期>

幕張本郷にある学習塾本塾塾長ミズシマです。千葉県立入試まで30日を切りました。学習塾本塾では冬期講習で入試対策テスト講座を行いました。5日間予想問題を解きまくり、解説、さらに個別に弱点を分析して、最後までに取り組む内容を決めて行きました。今の現状の実力と目標点数を知ることで、千葉県立入試がよりリアルに感じられ、不安も漠然としたものから具体的になって対処しやすくなったと思います。

講座が終了して、順番に保護者と生徒を含めて3者面談を実施し、志望校や学習状況を保護者様とも共有し、保護者様が生徒の状況にあった応援ができるようにご説明させていただいています。

本日は現在中学1年生、2年生、そしてその保護者様にこれから受ける千葉県立入試がどうなっているんだろう?と思っている人のために千葉県立入試の英語の問題がどうなっているのか?どう勉強すればいいのかを書いていきますね。

千葉県立入試英語の問題傾向と対策【29年度版】

千葉県立入試の英語については昨年度(28年)から最近5年間を見てみると、前期日程は大問9問、後期は大問6問と変わらず、出題形式についてもほとんど変わりません。ですから過去問題や対策の模試、予想問題などをやっていただければ、形式はどれも同じように作られていますから問題形式に慣れることは必ずできます。

千葉県立入試英語の問題形式(前期)

1⃣ リスニング  選択問題(英文)

2⃣ リスニング  選択問題(イラスト)

3⃣ リスニング  選択問題(英文)

4⃣ 単語  最初と最後のアルファベット以外を空欄補充

5⃣ 対話文  ⑴⑵ 語形変化  ⑶⑷⑸ 選択問題

6⃣ 自由英作文  イラスト付きの文章を読んで20語(20words)で書く

7⃣ 文章問題  ⑴⑵ 空所補充×選択問題  ⑶ 広告・手紙などのイラスト付き文章 選択問題

8⃣ 文章問題  ⑴ イラスト選択  ⑵ 空所補充 ⑶ 選択問題 ⑷ 空所補充問題

9⃣ 対話文問題 ⑴~⑷ 空所補充×選択問題

 

7⃣8⃣に関しては問題の内容や形式に若干違いはありますが、大きな違いはありません。ですから、目標点数に対してどこで何点取るのか?というのも大問ごとに決められるはずです。

千葉県立入試については、だからこそ予想問題や過去問をしっかり解いて、時間配分や残りの時間にどの部分を重点的に勉強するのかを決めることが重要です。自分でそれを分析して判断するのは非常に難しいので、塾に判断してもらいましょう!

みなさまにご利益があるように幕張の子守神社の写真を載せておきます。
みんなが実力を出し切って合格できるように応援しています!

 

最後にちょっとだけ宣伝です。

幕張本郷駅から徒歩3分程度にある本塾には、たくさんテキストがあります。

大学入試対策のテキストもたくさんありますし、予備校講師だった塾長をはじめ、大学受験をを熟知する教務や講師が在籍しています。皆さんの学習状況に合わせたコースやテキストを提案いたしますので、成績が上がる事間違い無し!

雰囲気もオシャレでとても良い塾なのでぜひ1度学習相談にお越しください!

開校当時の写真なのでまだテキストは少ないですが(;^_^A
今はたくさんあるんですよ!

自考学習塾 本塾 (JR、京成幕張本郷駅南口徒歩3分 )
お問い合わせは
TEL:0120-261-123
自考学習塾 本塾のホームページ:http://honjyuku.com/
Facebook公式ページ:https://www.facebook.com/honjyuku.makuhari/
Twitterページ:https://twitter.com/honjyuku2016
Instagram:https://www.instagram.com/honjyuku/