【勉強法】休校期間中に何を勉強すればいいのか?

学習塾本塾ミズシマです。「学校が休校期間中はやることがなくて」なんて言っている人も多いみたいですね。
今まで、学習を学校任せにしていたり、塾任せにしていたりしていた人は、今回の混乱の中で、どうしていいかわからなくなっているでしょう。

学校の課題は、学校によって全然違う

休校中の子どもたちの学校課題を聞いてみると、学校によって様々であることがわかります。量も、範囲も様々です。教えていない範囲を頑張ってやってこい!と言う学校もあれば、今までの復習をしましょうという課題もあります。

学校の課題をやっていればいいわけがない

今までであれば、学校の授業で説明してもらったものを、学校のワークで演習し、それでもできない所を塾に頼っていました。つまり、学校のカリキュラムに合わせて塾がサポートしていました。しかし、学校で授業が行えなくなってしまっている中で、学校もどうやって学習を進めさせればいいかわからなくなっているのでしょう。授業がない中で、学校の課題だけを与えられても、うまく学習は進めて行けません。

成績のいい子どもは学校のカリキュラムに依存していない

成績のいい子どもは、学校のカリキュラムに依存していません。特に自立している子どもは、自分でも学習が進められるので、学校がないと、どんどん差が開いてしまいます。

休校中に何をやるべきなのか?

やらなければいけないことはわかっているけれども、休校中に何をやるべきなのかわからない人は多いでしょう。何をやるべきかは、学年やレベルによって変わってきますので、目標から考えてみましょう。例を挙げるなら
①一番近い受験のための準備
②一番近い定期テストのための準備
③学力をつけるための準備
となります。

①一番近い受験のための準備

例えば、高校3年生であれば大学受験、中学3年生であれば高校受験なのはわかりますね。中学校2年生であれば、高校受験の準備。中学受験をしない小学生も高校受験の準備となります。一番近い受験のために、今何をやらなければいけないのか考えましょう。

②一番近い定期テストのための準備

現在、1学期の中間テストは中止になっている所がほとんどでしょう。千葉市の場合は、次の定期テストは、おそらく夏休み明けに1学期の期末試験となります。当然、授業ペースは速くなりますから、今から予習できるのであれば進めておきたい所です。

③学力をつけるための準備

学校で同じ授業を受けているのに、成績に差が出てしまうのは、元々の学力に差があるからです。暗記力や前提となる知識や計算力だけではなく、学問に対する興味も非常に重要です。学校が進んでいないからこそ、学校の学習では培うことのできない学力をつける取り組みができるはずです。

今は自分の弱点を克服するチャンス

今は自分の弱点を克服するチャンスです。今までで自分で苦手だった部分にじっくり取り組みましょう!
とはいっても弱点がどこかわからない、自分だけでは取り組めないという人は、プロに頼って下さいね。

学習塾本塾の対応

学習塾本塾では、一人一人個別にカリキュラムを作成しています。ですので、学校が休校となっても、塾が休校となっても、それに応じてやるべきことを、レベルに応じて指示していますから、学習が止まってしまっている人はいないので、それだけで、周りと差がつけられているでしょう。

まずはご相談を

コロナが落ち着いてから塾に通いたいと思っていらっしゃる方も多いと思います。ただ、落ち着いてから学習を始めたのでは、きちんと進めている子供とかなりの差が生まれてしまっています。
塾に通う前に、やるべきことをご相談しておいてから、検討していただくことも可能ですので、まずはご相談していただければと存じます。

オンラインでの面談も承ります。

ZOOMでのご面談も承りますし、お電話でのご相談も承ります。
まずは今の時期を無駄にせずに、学習を進めて行きましょう!
まずはお問い合わせください。

無料相談、無料体験実施中です。
お申込みは本塾HPトップにあるお申込みフォームからお申込みいただけます。

自考学習塾 本塾 (JR、京成幕張本郷駅南口徒歩3分 )

お問い合わせ
TEL:0120-261-123
自考学習塾 本塾のホームページ:http://honjyuku.com/
Facebook公式ページ:https://www.facebook.com/honjyuku.makuhari/
Twitterページ:https://twitter.com/honjyuku2016
Instagram:https://www.instagram.com/honjyuku/