【高校受験情報】中学校の内申点ってどう決まるの?【千葉県幕張本郷地区版】

学習塾本塾塾長ミズシマです。本塾にて無料相談や面談をさせて頂くと内申点は見せてくれるのですが、それがどう計算されて使われるのか?どのようにして決まるのかを理解していない人が多いことに気が付きます。

それを受けまして、本塾のある幕張本郷地区にて内申点がどうなっているのか解説したいと思います。

 

千葉県花見川区(幕張本郷地区)の内申点の変化

千葉県では2002年まで内申点として用いられるのは第3学年の評定だけでしたが

2003年からは第1学年から第3学年までの合計が使われることになりました。

ちなみに東京都では現在も第3学年の評定だけであるのでどこでも同じ内申点の計算ではないので注意してください。

 

千葉県花見川区(幕張本郷地区)の内申点の計算式

内申点ってどう計算するの?という質問があるのでここで解説します!

千葉県の内申点の計算式は

個人評定値+評定合計標準値-中学校合計評定平均値=内申点

の計算式に当てはめて計算します。

個人合計評定値=通知表の9教科全学年の合計値

評定合計標準値=県が定めた値=95

中学校合計評定平均値=在籍中学の中学校3年生全員の9教科評定の全学年合計の平均×9×3
※中学校合計評定平均値は四捨五入した数値で計算します。

 

実際に計算してみると

個人評定値の平均=3.5だとします。

そうすると個人合計評定値=個人評定値の平均×9(教科)×3(年)=94.5

となります。

それに評定合計標準値-中学校合計評定平均値を足すわけですが、

その中学校の評定合計平均が95点を下回った場合は加点、95点を上回った場合は減点する ということです。

中学校合計評定平均値=90点だとすると(評定平均値約3.3)

個人評定値(94.5)+評定合計標準値(95)-中学校合計評定平均値(90)=内申点(99.5)

この生徒の内申点は99.5点となります。

結構難しい仕組みですよね。

内申点はどう出しているの?

 

基本的に定期テストの点数と提出物や授業態度などの平常点の合計で内申点は出されます。

また、定期テストの点数と平常点の割合は、教科や学校ごとに違うのです。

傾向として、5教科は定期テスト重視、それ以外の教科は平常点重視です!!

 

なんでこんな成績なのかわからない!ってことも

 

主要5教科以外では平常点の影響が強いので定期テストの成績が良くても通知表が良くないということも。先生も人間ですから平常点は主観が入ります。納得がいかない場合には中学校に問い合わせると確認してくれたり、割合を明示してくれたりする場合もあります。通知表の数字は先生がコンピュータに打ち込みます。まれに入力ミスも起こるそうなので、おかしいと思ったら学校に問い合わせてみるといいと思います。

 

まずは定期テストをしっかりとれるようになることが大事

内申点を上げるにはやはり定期テストの点数を上げることが不可欠です。本塾の生徒は飛躍的に定期テストの点数を伸ばしています。

【成績UP体験談 中学生】定期テストが78点から98点に!!

 

本塾では定期テスト対策だけではなく入試対策も並行して対策を行えます。是非ご相談ください。

 

自考学習塾 本塾 (JR、京成幕張本郷駅南口徒歩3分 )

お問い合わせは
TEL:0120-261-123

自考学習塾 本塾のホームページ:http://honjyuku.com/
Facebook公式ページ:https://www.facebook.com/honjyuku.makuhari/
Twitterページ:https://twitter.com/honjyuku2016
Instagram:https://www.instagram.com/honjyuku/